江戸切子 七宝玉菱文様 玉足ワイン ペア

国の伝統的工芸品、東京都の伝統工芸品に指定された江戸切子。1834年、江戸大伝馬町のびいとろ屋・加賀谷九兵衛がガラスの表面に彫刻したのが始まりといわれています。カットは深く、仕上がりがはっきりとして華やか。和の紋様の中でもスタンダードな柄を揃えています。脈々と受け継がれてきた繊細な職人技が冴える逸品です。

店長のひとこと


江戸切子の文様だけでなく、足も特徴的なワイングラス。和食洋食問わず、様々な食卓に合う江戸切子に仕上がっています。

グラスサイズ 

直径71×高さ100(mm)/ 容量130ml


江戸切子


型番 33919
販売価格 32,400円(税2,400円)
購入数



TOP > 価格帯でさがす > 10,001円〜

TOP > イメージでさがす > 記念日

TOP > 用途でさがす > 日本酒

TOP > 用途でさがす > ワイン

TOP > 技法でさがす > 江戸切子

TOP > メーカーでさがす > ミツワ硝子工芸


おすすめ商品


funew トレーM グリーン

3,240円(税240円)


Mai 3 ラージ

3,024円(税224円)


送料全国一律

700円

離島・一部地域を除く
お届け先一件につき
10,000円以上
お買い上げで送料無料

Shipping costs

700yen

Anywhere in Japan
(except for remote
islands and some areas) Free shipping on each
orders over 10,000yen