江戸切子
江戸切子

国の伝統的工芸品、東京都の伝統工芸品に指定された江戸切子。1834年、江戸大伝馬町のびいとろ屋・加賀谷九兵衛がガラスの表面に彫刻したのが始まりといわれています。カットは深く、仕上がりがはっきりとして華やか。和の紋様の中でもスタンダードな柄を揃えています。脈々と受け継がれてきた繊細な職人技が冴える逸品です。

Edo Kiriko is designated as the traditional handcrafts of the Metropolis of Tokyo and also the country, Japan. It is said to have started back in 1834, when Kyubei Kagaya of glass shop in Edo Odenmacho sculpted on glass surface. Cut is very detailed, and finish is clear and brilliant. The patterns used in our collections are some of the most standard Japanese patterns. They are fine art with traditional and detailed craftsman’s technique that has been inherited continuously for a very long time.

江戸切子(Edo kiriko) のラインナップキーワード "江戸切子(Edo kiriko)" の商品一覧


[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
前のページへ 全 [32] 商品中 [13-24] 商品を表示しています 次のページへ




おろし切子 瑠璃

37,800円(税2,800円)


おろし切子 スキ

37,800円(税2,800円)


前のページへ 全 [32] 商品中 [13-24] 商品を表示しています 次のページへ

送料全国一律

700円

離島・一部地域を除く
お届け先一件につき
10,000円以上
お買い上げで送料無料

Shipping costs

700yen

Anywhere in Japan
(except for remote
islands and some areas) Free shipping on each
orders over 10,000yen